メスバウアー効果測定を用いたNi-Mn-Sn系ホイスラー合金の磁性及びマルテンサイト変態の研究


by 田中 翔梧 (磁性実験研究室M2)
ホイスラー合金Ni2Mn1+xSn1-xは非化学量論組成において1次の構造相転移であるマルテンサイト変態を起こすことが知られており,磁場誘起逆マルテンサイト変態を利用した磁性形状記憶合金の候補として研究されている。この系ではSnサイトに置換されたMn原子の持つ磁気モーメントがマルテンサイト変態に大きく影響しており,バンドヤーンテラー効果によってマルテンサイト変態が起こると予測されているが詳細は判明していない。そこで我々は特定の原子核の電子状態を探ることができるメスバウアー効果測定を用いることにより,Snサイト上の内部磁場といった微視的情報をもとにマルテンサイト相の磁性やマルテンサイト変態によるSnサイト上の電子状態の変化を調査した。発表では上記の合金に加えFe, Coをドープした系などについても報告する。