非化学量論組成のRh-Mn-Snホイスラー合金の磁性


by 塩澤 卓海 (磁性実験研究室M1)
X2YZの化学式で表されるホイスラー合金は、様々な物性を示すことで知られている。中でもYをMnにしたX_2MnZ合金は、磁気形状記憶合金などの機能性材料の候補として期待されている。本研究ではRh_2MnSn合金のMnとSnの組成比を変化させた非化学量論組成の合金について、磁化測定及びメスバウアー効果測定を行いその磁性を調べた。発表では実験結果について報告する。