スイッチングメタマテリアル素子による時間領域電磁波制御(周波数変調)


by 水上 和 (光物性研究室M1)
メタマテリアルは、自然界に存在する物質では実現不可能な機能を持つような人工構造物であり、その構造によって電磁波の制御が可能である。もしメタマテリアルの構造を動的に変化させることができれば、電磁波の動的な制御(時間領域電磁波制御)が可能になる。これにより、電磁波の周波数変調やストレージングなどが可能になると期待される。そのなかでも本研究の目的は、メタマテリアルによる電磁波の周波数変調である。

発表ではメタマテリアルによる周波数変調のシミュレーションの結果及び、実験において作成されるVO2を用いたメタマテリアルの構造の動的な制御について説明します。