(Fe,Mn)2(Ge,Ga)およびFeMn(Ge,X) (X=Sn, Sb)の磁気特性


by 鳥居 信(磁性実験研究室M2)
冷凍技術として従来の気体冷凍に替わる磁気冷凍の材料として構造相転移に伴う一次の磁気相転移を示すNi2In型の化合物に興味が集まっている。本研究の目的はNi2In型の化合物の磁気特性と磁気冷凍能力の調査を行うことである。FeMnGeは六方晶系のNi2In型をとり、様々な元素への置換に対して構造相転移に伴った一次の磁気相転移を示すことが知られている。我々はFe1-xMn1+xGe1-yGay, FeMnGe1-xSnx, FeMnGe1-xSbxを作製し、粉末X線回折測定、磁化測定、メスバウアー効果測定を行った。これらの測定から得られる系統的な変化から磁気特性と磁気熱量効果について考察を行った。
コロキウムの発表では先述した実験の詳細な結果と磁気特性について報告する。