導波路の分散関係の時間変化によるテラヘルツ波の周波数変換に関する研究


by 長谷部 翔 (光物性研究室M2)
電磁波の分散関係が時刻に依存して変化する際、電磁波は新たな分散関係に合わせるために周波数を変化させる。本研究では、現在盛んに研究されているテラヘルツ波においてこの周波数変調現象を引き起こし、理解することを目的とする。
本研究では光パルスを用いた光励起によってGaAs製導波路表面の導電率を瞬間的に誘電体様から金属様へと変化させ、この時に導波路を伝搬するテラヘルツ波の分散関係が時間的に変化することによる周波数変調現象を引き起こす。我々は変調の観測に加えてこの現象の詳細を追求するために、導波路長による影響や減衰や反射等の測定による変調現象そのものの変換効率の測定などを行った。
発表では変調現象についての導入とこの実験の結果について報告する。