異方的超伝導のための電流密度汎関数理論


by 上條 裕樹 (物性理論研究室M2)
 物性理論研究室では超伝導体の転移温度や臨界磁場を予言するための電流密度汎関数理論(CDFT)を開発している。それによって、通常の密度汎関数理論(DFT)のK-S方程式に対応する有効一粒子方程式が得られる。その方程式を解くにあたり、S波超伝導体に対してはド・ジャンによる近似法が有効であろうと思われる。一方、S波でない異方的超伝導体に対してはこの近似の有効性は明らかでない。コロキウムでは、異方的超伝導体に対する有効な近似法について発表する。