テラヘルツ領域におけるRuO2ナノシートの光学応答特性に関する研究


by 楠本 雅志 (光物性研究室M2)
近年,グラフェンに代表される2次元層状物質(2D materials)がバルクとは異なるユニークな特性を示すことで注目されている。厚さ数ナノメートルの2次元構造を持つことからナノシートと呼ばれることもある。RuO2ナノシートもその一つであり,先行研究によるとDC (Direct Current)領域で低いシート抵抗を示すことが報告されている。しかし、測定の困難により基礎的な物性はあまり調べられていない。テラヘルツ領域においては特性も調べられておらず,応用も未開拓となっている。

本発表では,テラヘルツ波を用いてシートインピーダンスを算出することにより,RuO2ナノシートの物性の評価を行った結果について発表する。またその結果から、テラヘルツ領域における応用可能性についての考察も発表する。