微小重力下における電気粘性流体の挙動


by 武田 三男 信州大学理学部物理科学科
無重量総合研究所にある自由落下装置を用いて、溶媒を有しない電気粘性液体の挙動を調べた。無重力下では、浮力がなくても粒子が空間に浮くことに着目し、 特殊なセルを作製し、その中に直径100ミクロンのシリカガラスの微小球を封じ込め、これをセルごと自由落下させて外部電場の印可によって、ガラス微小球 がどのような挙動を示すかをCCDカメラによりその場観察した。また、電極をパルスモーターにより左右にスライドさせ、電場印可時の剪断応力を測定し、シ ミュレーションの結果と比較検討した。実験装置と測定結果を紹介する。