2次元イジング模型の相転移とシミュレーション


by 伊藤 楓馬
相転移現象について研究する際、物理量の振る舞いを調べる必要がある。しかし、統計力学のみを用いた解析的な手法では限界がある。そのため、シミュレーションにより物理量を計算し、その振る舞いを調べたい。本研究では、相転移を示す系として最もシンプルな2次元イジング模型について、シミュレーションによりその性質を明らかにした。より発展的な模型について研究するための基礎を固めるのが、この研究の目的である。発表では、シミュレーション手法とそれにより得られた結果について報告する。