ハイパーレンズを用いたテラヘルツサブ波長イメージング


by 小北 大志 (光物性研究室M2)
光学レンズを用いたイメージングにおける分解能は一般に回折限界によって波長程度に制限されます。これは波長よりも小さな情報が近接場として存在するために空間を伝搬することができないためです。近接場の測定にはプローブを用いた走査測定が主流ですが、測定に時間がかかります。一方でハイパーレンズは通常伝搬することができない近接場成分を伝搬できる遠方場へと変換することから、従来の結像光学系と組み合わせることで短時間に近接場測定が行える利点を持ちます。

本発表では、ハイパーレンズについての概要説明とリアルタイム測定の結果について報告します。