ユーロピウム化合物とウラン化合物の磁性


by 中島 美帆
セリウム(Ce)、ユーロピウム(Eu)、ウラン(U)化合物の磁性についてR2T3X5(R:Ce, Eu, U,T:遷移金属,X:Si, Ge)化合物を中心に研究を行っている。Ce化合物ではほとんどが3価を安定な価数とするが、Eu化合物においては、2価が安定となるものが多い。2価と3価の電子状態のエネルギー差が小さいために、一部のEu化合物において、圧力や温度によってEu2+ からEu3+へ価数転移することが報告されている。今回の反強磁性体Eu2Ni3Ge5の圧力実験によって、この物質ではネール温度が圧力下で徐々に減少し、価数転移は起こさないことが分かった。またP-T相図はCe2Ni3Ge5における相図と似た振る舞いを見せる。
これらの結果と合わせてウラン化合物の研究の現状も紹介する。