メタ表面を用いたテラヘルツ波の波面制御応用に関する研究


by 平良 優大 (光物性研究室M2)
フェムト秒パルスレーザーの開発を境に、テラヘルツ波を用いたイメージングや分光が盛んに行われるようになった。しかし、使用できる材料の少なさから光学素子の不足が課題となっている。人口微細構造を配置して作製するメタ表面はテラヘルツ領域の電磁波に合わせて設計することで有効的な物性値を示すことが知られており、材料の少なさを補えることが期待される。
本発表では、メタマテリアルを用いた光学素子の多様化につながる基礎研究について発表する。他の領域で用いられる波長板や波面制板をメタ表面で実現し、そのメカニズムについて調査した。