Mn3Snで何がおこっているのか?


by 天児 寧
 カゴメ反強磁性体Mn3Snの面内磁化は 3 mμB(ミリBohr磁子)程度と小さいにも関わらず、強磁性体と同程度の巨大な異常ホール効果、異常ネルンスト効果が観測されている。これらは磁気ワイルフェルミオンに起因する大きなベリー曲率の影響と考えられる。
 Mn3Snで何がおこっているのかについて紹介する。

対象:全員

キーワード:反強磁性体Mn3Sn、異常ホール効果、異常ネルンスト効果、トポロジカル物質、ベリー曲率、磁気モノポール、ワイル磁性体

参考文献

  • Satoru Nakatsuji, Naoki Kiyohara & Tomoya Higo, “Large anomalous Hall effect in a non-collinear antiferromagnet at room temperatureNature 527, 212-215 (2015).
  • Muhammad Ikhlas, Takahiro Tomita, Takashi Koretsune, Michi-To Suzuki, Daisuke Nishio-Hamane, Ryotaro Arita, Yoshichika Otani & Satoru Nakatsuji, “Large anomalous Nernst effect at room temperature in a chiral antiferromagnetNature Phys. 13, 1085-1090 (2017).
  • K. Kuroda, T. Tomita, M.-T. Suzuki, C. Bareille, A. A. Nugroho, P. Goswami, M. Ochi, M. Ikhlas, M. Nakayama, S. Akebi, R. Noguchi, R. Ishii, N. Inami, K. Ono, H. Kumigashira, A. Varykhalov, T. Muro, T. Koretsune, R. Arita, S. Shin, Takeshi Kondo & S. Nakatsuji, “Evidence for Magnetic Weyl fermions in a correlated metalNature Materials 16, 1090-1095 (2017).
  • “スピン流とトポロジカル絶縁体” 齊藤英治、村上修一著 共立出版