磁性形状記憶合金研究の新展開


by 鹿又 武 先生(東北学院大客員研究員(元教授))
ホイスラー合金はX2YZの分子式を持つ典型的規則合金である。ホイスラー合金は磁場誘起形状記憶材料、熱電変換素子、スピントロニクス材料、磁気冷凍材料、磁気センサーなどの機能材料の有力な候補として注目され、近年膨大な研究成果が報告されている。本談話会ではホイスラー構造を持つNi-Mn-Ga系合金、Ni-Mn-Z (Z=In, Sn, Sb)系合金、Pd-Mn-Sn 系合金、Co2-基合金の磁気および結晶構造状態図に焦点を絞り、特に磁気特性について詳しく紹介する予定である。上記合金の磁気特性は多彩且つ新奇性に富んでいる。その中には未解決且つ論争中の磁気物理現象も多く今後の研究進展が基礎および応用両面から渇望されている。