時間依存 電流密度汎関数理論を用いた物質の電磁場に対する応答についての研究


by 藤江 泰弘 (物性理論研究室M2)
本研究では誘電率と透磁率を用いず、電荷密度と電流密度を用いて物質の電磁場に対する応答を求めることを目的としている。今回の発表では、電磁場を印加したときの物質中の電荷密度と電流密度を求めるための時間依存 電流密度汎関数理論および、その理論で現れる仮想一電子方程式を特に固体を対象にして解く方法を発表する。さらに、その時間依存 電流密度汎関数理論とマクスウェル方程式を連立し、固体の電磁波に対する応答を求める計算の流れも発表する。