テラヘルツ領域における二酸化ルテニウムナノシートの物性


by 武安 一成 (光物性研究室修士一年)
近年、グラフェンに代表されるように二次元物質の研究が盛んに行われている。二次元物質は原子数子分の厚みを持ち、バルク(三次元物質)のときとは異なる物性を示すことが知られている。本研究では、金属酸化物である「二酸化ルテニウムナノシート」を作製し、テラヘルツ応答をシート導電率により評価した。テラヘルツ領域では、非破壊・非接触で試料の電気伝導特性を調べることができる利点がある。また、詳細な電気伝導特性を調べるために、ドルーデ・スミスモデルによるフィッティング解析を行った。本発表では、二酸化ルテニウムナノシートの電気伝導特性について、その評価方法と解析結果を報告する。