単結晶Ce2Pd3Ge5の物性


by 中村 優希(磁性実験研究室M1)
希土類・アクチノイド化合物は局在性の強い*f*電子と伝導電子の混成に起因する興味深い物性を示します。これはRKKY相互作用と近藤効果の競合によるものであり、このとき伝導電子の「みかけ」の重さが通常の10~1000倍ほどになります。これを重い電子状態と呼び、この状態にある物質は相互作用のわずかな変化をその物性に反映します。本発表では、希土類の一つであるCe化合物が持つ物性の概要説明と、私の研究サンプルであるCe2Pd3Ge5の測定結果を報告します。