テラヘルツ領域におけるハイパーレンズの開発及び性能評価


by 古家 徹郎 光物性研究室M1
波の性質の一つである回折を利用し、光を集光または発散させることが可能な素子を光学レンズという。これを用いることで、物質の本来のサイズよりも大きいイメージの取得が可能になる。しかし従来の光学レンズではその性質上、分解能が存在する。これは光をその波長以下のサイズには集光できない、という回折限界によって生じている。
本研究ではTHz領域において回折限界の制約を受けないハイパーレンズを作製し、本来は分解能を超えているため不可能とされている波長以下のサイズのイメージを波長以上のサイズへと拡大させることを目的としている。