スピンJahn-Teller効果(III)


by 本田 育美 物性理論研究室M2
反強磁性相互作用する S=1/2 の正三角形スピンクラスターについて交換係数Jの距離依存を変位の2次まで展開して、基底状態の縮退に対する影響を計算した。イオンの座標をパラメーター とする(断熱?)近似では縮退が分裂するが、変数として考慮する扱い(コヒーレント表示)では変形はするが縮退は除かれない。