SRRを用いたTHz領域における共鳴周波数のシフト


by 五味 蔵酒 光物性研究室M1
近年盛んに研究されているテラヘルツ領域において、メタマテリアルは様々な研究に応用されている。その一つであるSRR(Split Ring Resonator)は特有の共鳴を持っており、その共鳴周波数は半導体を用いることで変化させることが出来る。本研究では、SRRの共鳴周波数のシフトを大きくするため、どの構造のSRRが適しているのかをシミュレーションによって評価した。また、それを使うことによってテラヘルツ領域における周波数変換に応用出来ることが期待される。